ミエトノの工房

木材加工やレザークラフといったDIYを中心に、まったり創作活動を行っています。

卓上フラワースタンド2 3日目 天板の加工 ー 組み立て

前回の続きです。

 

天板の加工から始めます。

天板用に購入したラジアタパイン集成材。奥行きはこのままなので、横幅のみカットをします。

裏面は少し加工が必要なので、また後程。

 

 

横幅700mmと、710mmで2枚カットします。

上段は大入れ加工のため少し幅を広くとっています。

 

 

墨付けをして、ジグソーでカットします。

 

 

墨付けをした位置から、36mm左にずらしたところにガイドを固定します。

この36mmはジグソーの刃とベースプレートの隙間です。

 

紙テープは捨て板の代わりで、仕上がりが断然きれいになります。

 

 

大入り加工するための、墨付けです。今回はトリマーで溝を掘ります。

 

 

こちらも36mm内側に仮の墨付けをして、ガイドを固定します。

まず上段の天板から。

 

 

 

一度に10mmの深さで掘れないので、2.3mmずつ数回に分けて溝を掘ります。

溝の深さは10mm、幅20mmです。

 

 

現物で勘合チェックします。

 

 

続いて中段の天板加工。

こちらは骨組みと同じ長さなので、下のような加工になります。

脚の部分だけ、のこぎりでカット。

 

 


少し仮組して、勘合及び強度のチェック。

 

 

やはり裏面下に、貫がないと少しグラグラするので、ダボ継ぎ加工で貫を入れます。

勘合は問題ないので、組み立てを始めます。

ダボ継ぎで貫を勘合。

次いで中段を組付けます。

 

 

天板と脚の部分、すべてにやすり掛けをして、角を落として仕上げにオイルを塗って完成です。

 

 

完成しました。今回ビスを一つも使用していないので、かなりきれいな仕上がりになったと思います。

卓上フラワースタンド2 2日目

依頼されていた卓上フラワースタンドですが、サイズ違いのものを頼まれたので、前回上げた蝿張と並行して作業を進めたいと思います。

 


天板に関しては、すべて同じヒノキを使おうかと思ったのですが、節が多いため、集成材に変更しました。

 

 

ホームセンターでヒノキを4枚購入。20mmの厚みで幅110mm、長さ2000mmです。

 

ただ一つ問題があって、節が多いため出来る限り、節が入らないようにカットしてゆきたいと思います。

 

 

横幅110mmに対し、まず10mm程度縦引きでカットします。

 

これは角を落とすのと、直角を取るためです。

どうしてもコンマ数ミリの誤差があるため、正確な寸法を取るために必要になります。

 

 

これから作る二つの作品は、両方とも幅が50mmのため、すべてこの幅でカットします。

 

 

 

続いて目的の長さにカット。

 

 

組継ぐための墨付けをして、10mmだけ片面をカットします。

 

 

全体を軽くペーパーがけして、ボンドを塗布し、組んで行きます。

 

 

クランプで圧着させ、隙間ができていないか確認します。

このままボンドが渇くまで約30分ほど圧着させます。

 

その間に、もう一つの作品の下準備だけしておきます。

 

 

卓上フラワーラックは、この後天板をカットして、ビス止めすれば完成です。

もう1日でできるかな。

 

蝿帳は、細かい加工が必要なので、じっくり作りこんでいきたいと思います。

蝿帳の作成 構想

実家にある昭和レトロな蝿帳。

 

かなり傷んできて、丁番が壊れているのと、収納スペースが小さいとのことでサイズアップしてほしいとの依頼がありました。

 

横幅800 高さ450 奥行630で、真ん中に一段棚が欲しいこと、側面両サイドは網張りにしてほしいとの要望で、まずはネットで素材を検索します。

どういった形にしようかな?。

 

 

いろいろ検索した結果、最後の写真でいろいろヒント頂きました。

網の張り方や、扉の構造がひらめきました。

 

網は板で挟み込んで固定することにします。

 

扉は観音開きにして、普通の丁番では強度が弱いため、スライド丁番にして強度アップをしたいと思います。

 

網の素材は、ホームセンターで下見をしてきてあるもで、網戸の網を利用したいと思います。

 

早速CADで、構想を図面化したいと思います。

 

そして出来たのがこれです。

 

 

網は張ってないので、あまりピンとこないかもですが。

 

下写真は側面の骨組みになる板です。

組継ぎ加工になるため外から見るとこんな感じ。

下は内側から見たところです。

 

 

見た目ややこしそうですが、下写真のように、左側の木材の間に網を張り、左側の細い板で張り合わせる感じです。

 

 

扉も同じ構造で、スライド蝶番を使って強度を上げる予定です。

 

並行して、卓上フラワースタンド追加注文いただいたのでそちらも作業していこうと思います。

 

三段フラワーラック 4日目 完成

年の瀬ですが、少ない休日を利用してのDIY作業をしてまいりました。

 

上段の天板の作成に取り掛かります。

以前別の工作で出た端材を使って、天板の切り口を隠すための加工を行います。

 

上段の天板の厚みは9mm、偶然にもその端材の厚みも9mmでした。幅は7mmだったので、天板を四方を7mmカットしました。

 

 

 

この細い木材を、化粧板代わりに使ってみたいと思います。

 

余裕をもって大きめにカット。

 

 

45度でカットして、見た目きれいにしたいと思います。

 

きれいにカットするためにジグを作ります。

 

以前使ったジグを改造して45の角度になるように調整します。

 

 

下のジグを45度に合わして

 

 


ペンでマークして、板を固定します。

 




ビス止めします。試しにカットしてみます。

 

 

大丈夫そうですね。

 

 

ボンドとタッカーで板を固定します。

 

 

 

中段と下段の天板の化粧板との段差を修正し、骨組みすべてのパーツにやすり掛けします。

 

 



ワックスを塗って、30分ほど乾燥させたらいよいよ組み立てに入ります。

 

天板と骨組みをクランプで固定して、裏側からビス止めします。

 

 

 

ビスは3.5mmで長さ25mmです。

 

3.0mmで下穴を開けて、面取りします。

板割れ防止と、ビスの凹凸をなくすためです。

 

 

 

時間がかかりましたが、何とか完成しました。

 

来年も素敵な作品ができますように。

年末の厄落とし 鹿損?事故

年末最終日曜日。工作の続きをしようと朝早く実家のガレージに向かっていました。

 

実家といってもかなりの山奥にあり、害獣対策のためにあたり一面に柵が張り巡らされているくらいの田舎です。

 

 

山を一直線切り開いた、高低差の激しい道。

下り坂を走行中、、、

 

 

やらかしました。

鹿との接触事故。 田舎あるあるです。

 

 

 8時30分

あっと思ったら接触していました。

鹿は左の藪の中から右側へ走り抜けようとしましたが、接触して反対側側溝で即死していました。

 

当たったショックでエアバッグが開きました。

人生初のエアバッグ体験。結構火薬?っぽいにおいがするんですね。煙臭かったです。

 

瞬時に

「保険適応できるの?いくらかかるの?次どんな車乗ろうかな?台車はどんなんだろう?ブログのネタに出来るかも⁈」

 

とっさに思いつきました。結構タフですね笑ってしまいました。

 

警察にすぐ電話し、連絡終わった直後に保険に連絡。

目印のものがないため、どうしたらいいと警察に話したら、電柱に中部電力の電柱番号があるためその番号を伝えてくださいとのこと。

一つ勉強になりました。

 

 9時

警察の方が来て、現場検証。親切に対応してくれました。写真は2.3枚撮るくらいのあっさりしたもの。

 

免許と自賠責証明を提示して、個人情報と簡単な事故状況を報告してしばし待機。

 

少し話をしましたが、この時期鹿やイノシシなど、食料求めて山を下りてくることが多いそうです。

 

その後保険から連絡があり、簡単な保険の内容確認した後、レッカーも保険の対象のためレッカーのお願いをしました。

車の自走はできますが、エアバッグが開いた時点で、レッカーの対象になるようです。

 

 9時半

レッカーの業者から連絡があり、おおよその場所を説明 40分くらいかかるとのことで車内で待機することに。

 

 10時

搬入先のデイーラーへ車の修理と、事故状況を軽く連絡。

これをしておかないと、レッカーをどこに運んでいいのかわからなくなります。

 

 

デイラーへ連絡したら少しのどが渇いたので、下ったところにコンビニがあるので、温かい飲み物を買いました。

 

 10時半

車に戻ると同時にレッカー車がやってきました。

車の積み込みをじっと待っていると、反対車線、引いた鹿の少し過ぎたあたりで軽トラックが止まりました。

まさか、はねた鹿持って帰ろうと狙ってる?まさかね。

 

レッカーのお兄さんとも話していると、鹿など接触しそうになったら、下手にハンドルを切らない方が良いとのこと。

 

反対車線へはみ出して二重事故の可能性や、スリップ横転どの可能性があり、出てきた時点であきらめるそうです。

 

積み込みが終わり、坂の下のコンビニで反転して途中まで少し載せていって乗せてくれるとのことで、お言葉に甘えることにしました。

 

話を聞けば昔猟銃の資格を持っていて、山に入っていたそうです。

 

事故現場を通りがかった時には、鹿がいなくなっていました。

二人で えっ てなりました。

 

なんでも死亡した時点から30分で血抜きをしないと、破損部下から血が回ってとても食べられる状態ではないとのこと。

 

ましてや2時間以上経っていますからね。

私から言わしてみれば、道をきれいにしてくれてありがとうと言いたいですが。

 

そんあこんなのクリスマスでした。

最後にメリークリスマス

 



 

 

 

 

 

 

 

 

三段フラワーラック 3日目 天板作成 仮組

 

寒い日が続きますが、今日はまず、天板の切り出しから行いました。

 

 

合板の厚みは、下段と中段は12mm、上段は9mmを使います。

サイズは400mm × 300mmです。

 

 

切り口そのままでは汚く見えるので、ヒノキの廃材を利用して、化粧板として隠したいと思います。

 

 

約5mmの厚みで、幅は12mmです。

天板は厚みの分、カットし直してます。

 

 

ボンドとタッカーでこのように切り口を隠します。

 

これで下準備はほぼ終わりました。

ここから仮組したいと思います。

 

 

下段から骨組みを組付けます。

天板がサイズ通りかもチェックの意味も込めて、仮置き。

 

 

中段の骨組みです。

 

 

下段と中段の天板を乗せたところです。

 

 

すべての骨組みを組付け完了。

全体の写真はこんな感じです。

 

 

ほぼ並行で一安心。

 

ただし、天板はどれも固定していない状態です。

後は上段の天板の作成と脚の部分の面取り、全体にペーパーを掛けて、塗装すれば完成です。もう少しですね。

 

 

三段フラワーラック 2日目 骨組みの作成

今日は切り出した木材の加工をしていきたいと思います。

 

 

マークした線にの外側を、大まかにカットしていきます。

 

 

 

 

後は荒いペーパーで丸くなるようにひたすら削ります。

 

 

続いて、下段と上段を、どう組み合わせるのか考えます。

 

軸となる部分を同じ方向にするのか、くの字にするのか?

 



 

余り違いが判らないと思いますが、上の写真1枚目は、クロスした重なりが一定方向になるようにしています。左上から右下に一定方向。

 

2枚目はくの字になるように置いて、どちらが良いのか検討します。

 

二枚目のがいい感じなので、こちらで進めようと思います。

 

 

上段と下段をどのように継ぐのか?

半分に削って厚みに差が出ないように加工します。

 

 

木材の厚み1センチを削り取って、厚みの出ないように組めるようにするための、墨付けです。

 

加工完了。

これを組合すと、、、

 

 

中央の部分は、ビスで固定する予定です。

 

 

幕板を三段にするため、貫の部分の面取り加工しようと、修理の終わったトリマーを使おうと思ったら、ビットが固定されないことが発覚。

 

急遽再修理になるため、今日の作業はここまでになりました。

 

天板も大体の構想ができたので、できれば工具が治り次第一気に完成まで漕ぎつけたいと思います。